スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2のこれまでの流れ見てて

色々荒れてますねぇ・・・。
公式叩きしてる人とか煽ってる人とか静観してる人とか何も言う気なくなってる人とか。
まあ、自分の今の立場は・・・
周りの人とかどーでもいいや
という感じですかねぇ。

例えば、好きなキャラがプロデュース出来なくなって悲しんでる人に「それでもアイマス2やってよ?」なんて言えないしね(自分は春香と伊織が好きで、はるいおでデュオ組みたかったのに伊織が(ry)。

静観してる人達は、今はまだ発表があったばかりで分からない事だらけだから、今はそれが1番ベストだと思うし。

公式叩いてる人たちはどーでもいい。
自分の好きなキャラがプロデュース出来なくなった気持ちは分かるけど、
それを理由に公式叩きしてる人たちには、賛同なんて出来るわけが無い。

ニコマスPやってるからか分からないけど、それをやってしまうと
自分の好きなアイドルが悲しむような気がするし。
(好きなアイドルにはいつも笑顔で居て欲しいから)
俺は、そういう動画ばっかり作ってきたから余計にそう思うんだけどね。

何が言いたいかと言うと・・・

これからもアイマスを、大好きなアイドル達を愛し続けます。

それだけですかね。

だってアイマスに出会った事で、この娘達がずっと笑っていられる動画を作りたい!って思ったんですから。
自分がアイマス好きで、アイドルに笑ってて欲しくて、その笑顔を一人でも多くの人に見て欲しい。
それは2年前も今も変わりません。

あー・・・何か何を書いたらいいのか分からなくなってきたな・・・(汗)

まあ、これからも頑張りますよーって事で、今回の話は終わりです。以上!

以下見ちゃだめだよ?絶対だぞ☆





P「ふーっ・・・。言いたいことまとめるのは難しいね」
春香「・・・」
伊織「・・・」
P「どうしたのお二人さん」
春香「いやその・・・プロデューサーさんって・・・」
伊織「普段はぼーっとしてるくせに、こういう時ははっきり言うのねぇ」
春香「伊織もそう思ったの?」
伊織「ええまあ一応ね?」
P「なんか急に寂しくなりました」
春香「あ、別に悪い意味じゃないんですよ?」
P「・・・そうなの?」
伊織「当たり前よ」
P「だって、話だけ聞いてるとほら・・・」
伊織「大丈夫よ、本当に悪い意味じゃないから」
P「そっか」
春香「ところでプロデューサーさん」
P「???」
春香「プロデューサーさん、その・・・これからも私たちの事、ずっと見ていてくれますか?」
P「当然」
伊織「もちろん、あんたに拒否権はないけど・・・って即答したわね」
P「だって大好きですもの」
伊織「ふーん・・・♪」
春香「えへへっ・・・♪」
P「これからもずっと二人を見守っていくからな?」
伊織「まあ、それこそ当然ね♪」
春香「伊織、すごく嬉しそうだね♪」
伊織「!?春香ーっ!!」
春香「伊織が怒ったー!逃げろーっ♪」
伊織「待ちなさーい!!」
P「やれやれ・・・これからも騒がしくなりそうだなぁ」
春香「っと、プロデューサーさんこれからも私たちの事」
伊織「頼んだわよ?♪」
P「おう!」
と、なんとなく書いて終了。
スポンサーサイト

コメント

No title

は、はるいおが出来ないだと・・・
今回はとにかくこれに尽きますね、我々にとってはw

まぁ待ち望んだ続編ですし、楽しみに待機しましょう。
足りない分は自家発電するのはいつものことですしw

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。